矯正歯科

自分の歯並びに自信がない。
綺麗な歯並びに憧れる。

多くの方は、そんな想いを一度は抱かれたことがあるのではないでしょうか。
そんな方はぜひ一度当院にお越しいただき、矯正治療を受けてみてはどうでしょうか。
いきなり治療ということではなく、お悩みをお聞きし、カウンセリングをいたしたいと考えております。

矯正治療とは

矯正治療とは、歯に力が加わると移動する性質を生かし、歯に装置を付けて歯並びを改善する治療法です。
ワイヤーを使って歯を動かし歯並びを整えていきます。
美しい歯並びをになることで笑顔が美しくなり、他人の目を気にする必要がなくなります。
また、歯と歯の間の隙間が整うことで、お口のケアがしやすくなり、虫歯や歯周病にかかりにくくなります。

矯正治療とは外見の悩みを解決するだけでなく、お口の健康を向上させることもできる治療方法なのです。

このページをご覧いただいているということは、歯並びに何かしらお悩みを抱えているのではないでしょうか。
下記に歯並びが整っていない不正咬合の例をご紹介いたします。
ご自身のお口と近いものはございますか。

不正咬合の例

叢生(そうせい)

叢生とは、八重歯や乱ぐい歯のようなでこぼこの歯並びのことです。
このような歯並びは歯に対して顎が小さいことが原因で起こります。
このままだと、歯ブラシが歯のすみずみまで届きにくいため、歯周病や虫歯などになりやすくなり、早期に改善する必要があります。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)

上顎前突とは、上顎が下顎よりも前方に出ている状態のことを言います。
いわゆる「出っ歯」と呼ばれるものです。
このような歯並びは唇が閉じにくく、笑うと歯ぐきが目立ってしまいます。

下顎前突(かがくぜんとつ)

下顎前突とは、下顎が上顎よりも前に出ている歯並びのことです。
受け口とも言われ、前歯でうまく食べ物を噛むことができず、消化不良の原因となってしまいます。

上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上下顎前突とは、上下の前歯、または上下の顎の骨が前に出ている状態のことです。
口元が全体的に前に出ているように見えます。
このような歯並びの原因は指しゃぶりや口呼吸といった生活習慣、遺伝的要因が考えられます。
上下顎前突の方は無意識のうちに口を開けてしまい口呼吸をしやすくなり、口の中が乾燥します。

開咬(かいこう)

開咬とは、歯の噛み合わせがきちんとできない歯並びのことをいいます。
奥歯で噛むと前歯が、前歯で噛むと奥歯が合わさらなくなってしまいます。
幼児期の指しゃぶりが原因として考えられます。

矯正歯科の症例
Before
After
Before
After

 

治療の流れ

1. カウンセリング
現在の歯並びに関するお悩みをお伺いいたします。
また、その際にお口の様子を診察させてください。

2. 精密検査
口腔内の写真撮影や歯と頭部のレントゲン撮影を行い、現在のお口の中の状態を検査いたします。
また、虫歯や歯周病、顎や口癖などの検査を行います。

3. 診断、治療計画の説明
先ほどの検査結果をもとに、現状分析を行います。
矯正治療のゴールや期間の目安、装置の種類、費用、お支払い方法などを詳しくご説明いたします。

4. 治療開始
矯正治療を始める前に、虫歯や歯周病がある場合は、まずその治療から始めます。
矯正装置を装着したあとは、歯磨き指導や口腔内清掃を行います。

5. 装置装着後の治療
治療が順調に進んでいるか確認するため、数週間に一度通院していただいております。

6. 保定期間
歯並びが整いましたら矯正装置を外します。
ただ、矯正装置を外すと歯は元の場所に戻ろうとしてしまうため、保定という作業が必要になります。
保定とは整えた歯を固定する作業のことをです。
固定が完全に終了すると矯正治療は完了です。

アクセス

東急東横線学芸大学駅東口から徒歩3分

住所

〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-15-7

電話番号

03-3710-1108

 
10:00

13:00
× ×
14:00

17:00
× × ×

※ 木、日、祝祭日、土曜午後は休診日


歯の悩みに関してお気軽にお問い合わせください。

診療時間

【午前診療】10:00~13:00
【午後診療】14:00~17:00

土曜日は午前診療のみ  木曜、日曜、祝祭日、土曜午後は休診