インプラント

インプラントとは

「大切な歯を失った」
「入れ歯だと固いものがうまく噛めない」
そんな方は、一度当院のインプラント治療を検討してみてはどうでしょうか。
インプラント治療とは、むし歯や歯周病で歯が失われてしまった部分に人工の歯を埋入する治療のことです。
人工の歯根を顎の骨の中に埋め込み、その上に人工の歯を固定します。このインプラント治療ですが、入れ歯のような「留め具」がありません。
そのため、天然の歯かどうか分かりにくく、周囲の目を気にする必要がなくなります。
加えて、入れ歯やブリッジのように他の歯に負担をかけることがなく、自分の歯のようにお食事を楽しむことができます。
当院では、安心してインプラント治療を受けることができるように、CT撮影を行い、シムプラントを使用しております。
詳しく知りたい方はぜひ下記をご覧ください。

CT撮影とは

歯科用CT撮影とは、骨の状態などを高精度に診断できる装置で、通常のレントゲン装置よりも口腔内を正確に把握する撮影のことです。
この装置を使用し、またコンピュータ処理を行うことで、撮影データを3次元的に構築することが可能になります。
また、インプラントの埋入する量や方向なども的確にシミュレートされるので、CT撮影を行わない手術に比べ、安全性も格段に向上します。

シムプラント(Simplant)

シムプラントとは、CT画像を利用してインプラントの治療計画を正確にシミュレーションするソフトのことです。
このソフトを用いることで、インプラントにおける安全性や審美性をあらゆる角度から検証できます。
これにより、より実用的でリアルなシミュレーションが可能になりますので、患者様の理解も深まります。

インプラント治療の流れ

1.カウンセリング
インプラント治療のカウンセリングをさせていただきます。
患者様のお話をじっくりとお聞かせください。

2.事前検査
インプラント治療を始める前には、慎重な事前に検査が必要になります。
まず、CT撮影を行います。
その後、シムプラントによるシミュレーション、レントゲン撮影、口腔内模型検査などを行い、綿密な治療計画を立てます。
この計画に患者様が同意して頂けたら、手術の日程を決めます。

3.治療開始
お口の中が清潔で炎症のない状態であることが確認したうえで、治療を開始します。
まず局部麻酔を行い、顎の骨にインプラントを埋め込みます。
このインプラントが新しい歯の土台となります。
手術後は、このインプラントと骨が結合するまで待ちます。
患者様や治療条件によって期間が異なりますが、3ヶ月~半年が目安となります。

4. 人工歯の装着の準備
インプラントが顎の骨と結合しているかどうかを確認します。
インプラントの上にアバットメントと呼ばれる連結部分を装着して、人工の歯(上部構造)を装着する準備をします。

5. 人工の歯を装着
インプラントの上部に人工の歯を装着します。

6. メンテナンス(検診)
インプラントを装着した後、メンテナンス(検診)に定期的に通っていただく必要があります。
これはインプラントを長持ちさせるためです。
メンテナンスではインプラントのネジの締まり具合を点検し、噛み合わせの調整を行います。

アクセス

東急東横線学芸大学駅東口から徒歩3分

住所

〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-15-7

電話番号

03-3710-1108

 
10:00

13:00
× ×
14:00

17:00
× × ×

※ 木、日、祝祭日、土曜午後は休診日


歯の悩みに関してお気軽にお問い合わせください。

診療時間

【午前診療】10:00~13:00
【午後診療】14:00~17:00

土曜日は午前診療のみ  木曜、日曜、祝祭日、土曜午後は休診