審美歯科

審美歯科とは

審美歯科とは、見た目の美しさも重視した歯科治療のことをいいます。
このページを訪れられたということは、美しい口元にご興味がおありなのではないでしょうか。
ご自身の理想とする美しい口元を実現する、それが審美歯科です。
このページでは、詰め物や被せ物についてご説明いたします。
矯正治療やホワイトニングについてはそれぞれ下記のページをご覧ください。

矯正治療についてはこちら
ホワイトニングについてはこちら

自費診療と保険診療の違い

例えば虫歯の治療をする際に、
虫歯を削った後の部分に詰め物をしたり被せ物をいたします。

この治療に使用する詰め物や被せ物には、保険の適用が効くものと、保険の適用がきかないものとがございます。
具体的には、詰め物や被せ物の素材が変わってまいります。

保険の適用が効く詰め物は金属で作成されたインレーや、プラスチックで作成されたレジンを使用します。

審美性の高い詰め物、被せ物

セラミックス
セラミックス

セラミックとは陶器のことをいいます。
この歯科用のセラミックで被せ物や詰め物を作成することで自然な歯に近い色を再現することができます。
また、人間の歯と同じ硬さのため、自然な噛みごこちを再現することが可能なうえ、素材自体が割れにくく詰め物を入れた歯を痛めるということもございません。

セラミックスの症例
Before
After

Before
After

 

ジルコニア
ジルコニア

上記の写真はジルコニアとよばれる素材を使用して治療した例です。
ジルコニアとはセラミックの中で最も強度と耐熱性が高い素材です。
人工ダイヤモンドやスペースシャトルにも使用されています。

ジルコニアは通常のセラミックを比べ、透明度が高く、変色が少ない素材です。
また、機械で制作するため、より元の歯に近い形、色を再現することができます。

このような、元の歯に戻す、
そしてそれ以上に美しい口元にするのが審美治療です。
ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください。

ジルコニアの治療例
Before
After

Before
After

 

レジン
レジン

保険治療でも金属を使用しない治療方法もございます。
それが、コンポレットレジンとよばれる歯科用プラスチックを使用する方法です。

金属を使用しないため、アレルギーを起こすことはございません。
このレジンは歯科治療で最も多く使用されております。

しかし、白いプラスチックを使用しても、ご自身の歯の色とまったく同じ色、というわけには行きません。
より、ご自身の歯の色に近い色の詰め物、被せ物を作成するために、当院では様々な素材をご用意しております。

審美歯科治療の流れ

1. 検査
レントゲン等を使用し、歯やあごの状態を検査いたします。

2. 治療計画の説明
現在のお口の中の状況をご説明しながら、どのようなお口を目指すのかをご相談させてください。
お話を伺った後に、治療計画を作製いたします。

3. 治療
実際にお口の治療をいたします。
健康な歯をできる限り削らず、また再発しないよう丁寧に治療を施します。

4. 詰め物や被せ物を使用
治療をする前よりも美しい口元にするため、患者様一人ひとりにあった詰め物や被せ物を使用してまいります。

5. メンテナンス
セラミックやジルコニアは長持ちする素材ではありますが、美しい口元を保っていただくために定期的な健診をお勧めしております。

アクセス

東急東横線学芸大学駅東口から徒歩3分

住所

〒152-0004 東京都目黒区鷹番2-15-7

電話番号

03-3710-1108

 
10:00

13:00
× ×
14:00

17:00
× × ×

※ 木、日、祝祭日、土曜午後は休診日


歯の悩みに関してお気軽にお問い合わせください。

診療時間

【午前診療】10:00~13:00
【午後診療】14:00~17:00

土曜日は午前診療のみ  木曜、日曜、祝祭日、土曜午後は休診